肺がん検査のご案内

肺がんは現在胃がんを抜いて、最も死亡数の多いがんです。通常のX線では心臓や血管に隠れて早期の肺がんが写りにくいことが多く、断層写真の胸部CT検査が有効です。また肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患もわかります。スモーカーズドックでは喫煙者の体内に蓄積されている有害物質である一酸化炭素(CO)量もあわせて評価します。

CTによる肺がん検診で死亡率が2割低下
アメリカ国立がん研究所が発表

低線量の胸部CT(コンピューター断層撮影)による定期検診で、肺がんによる喫煙者や元喫煙者の死亡率が20%下がることが米国の臨床試験でわかった。胸部X線撮影による検診より、がん発見の有効性が高いことを示す結果で、米国立がん研究所(NCI)が4日、発表した。
精度が高いCT検査は小さな肺がんも見つけられ、早期治療につながると考えられているが、実際に死亡率が下がるかどうかはよくわかっていなかった。NCIなどは、喫煙本数や過去の喫煙歴などから肺がんの危険が高いと考えられるものの、症状が出ていない55~74歳の男女約5万3千人に対し、約10秒かけて胸部全体の3次元映像を作成するヘリカルCT検査を受けるグループと、胸部X線撮影による写真1枚による検査を受けるグループに分けて、肺がんによる死亡を5年後まで追跡した。その結果、胸部X線検査では442人が肺がんで死亡していたが、CT検査では2割少ない354人だった。

2010年11月6日 asahi.com(朝日新聞社)掲載

検査項目 検査内容・寸評 金額
胸部CT 胸部X線では見つかりにくい小さな肺がんを発見します ¥10,000+税
肺がんセット 胸部CT・腫瘍マーカー(CEA・CYFRA・proGRP) ¥14,000+税
スモーカーズドック 胸部CT・腫瘍マーカー(CEA・CYFRA・proGRP)・呼気CO濃度 ¥17,000+税
価格に関するご注意
健康保険組合、各種団体の契約により補助金制度が適用される場合や追加料金が生じる場合があります。実際のご負担金額については、ご加入の健康保険組合、お勤め先にお問合せください。
※肺がん撲滅キャンペーン価格は平成26年4月1日から8月31日までの期間に 受診される方に適応となります。

オプション検査項目一覧

ページトップ