重要 人間ドック・健康診断をご利用される方へのご注意

お申込み前に必ずお読みください。[施設受診者様用]

医療法人社団同友会では、お客様が安全に検査を受けていただけるように、実施基準を設けております。
条件が適用される受診者様には、当会規定により特定の検査を受診いただけません。
予めご了承のうえ、お申し込みいただきますようにお願い申し上げます。

1.感染症対策について

以下の症状がある方は健診を受けられない場合があります。事前にご相談ください。

  • 38度以上の発熱
  • おう吐の症状
  • 目に強い充血
  • その他体調が悪い

2.妊娠している方

MRI検査(MRA・MRCP検査を含む)・CT検査・胃部X線検査・胸部X線検査・内視鏡検査(上部消化管・下部消化管)・婦人科細胞診(頚部・体部・HPV)・経腟超音波検査・マンモグラフィ検査・乳房視触診・腹部触診はご遠慮いただいております。

  • 妊娠中や授乳中、断乳後半年間は乳腺が発達し、乳がん検診の精度が低下します。
    しこりや痛みなど気になる症状のある方は早めに主治医の先生にご相談ください。

3.胃部X線検査(胃透視検査、胃バリウム検査)

以下の方は原則として受けられません。事前にご相談ください。

  • 今までバリウム検査で気分不良や過敏反応、憩室炎を起こしたり、
    便が出なくなって苦しんだ経験のある方
  • 腸閉塞、またはイレウスと診断されたことのある方
  • 人工肛門の方
  • 人工透析を行っている方
  • 受診日の前1 週間に激しい腹痛や真っ黒い便が認められた方

以下の方は注意が必要ですので、検査前にお申し出ください。

  • 食事や飲水の際によくむせ込む方、これまでに胃部X線検査でバリウムが気管や肺に入った経験のある方
  • 手足がご不自由などで検査台の上で体を動かすのが大変な方
  • 持病(心臓、腎臓など)で現在医師から水分制限を受けている方
  • 当日体調がよくない方
  • 医薬品に対して過敏症の経験がある方
  • 血圧が高いなど、その他何らかの理由でこれまでに胃部X線検査を見合わせた事のある方
  • 過去1年間に腹部の大きな手術をした方

授乳中の方はお申し出ください。

4.胸部CT検査

以下の方は胸部CT 検査を受けられません。(胸部以外のCTは可能です。)

  • 心臓ペースメーカー、除細動器の埋め込みをされている方

5.マンモグラフィ検査

以下の方はマンモグラフィ検査を受けられません。乳房超音波検査をおすすめします。

  • 心臓ペースメーカー、除細動器、VPシャントの埋め込みをされている方
  • 豊胸手術をされた方
  • 授乳中または断乳後半年以内の方

6.MRI検査(MRA・MRCP検査を含む)

以下の方はMRI 検査を受けられません。ご注意ください。

  • 心臓ペースメーカー、除細動器、人工内耳・耳小骨の埋め込みをされている方
  • 磁力により装着する義眼や磁力部分が着脱不能な義歯
  • 薬剤注入ポンプや神経刺激器など電気的・磁気的・機械的に動作する体内機器でMRI検査の安全性が確認出来ていない方

以下の方は原則として受けられませんが、ご希望の場合はあらかじめ主治医の先生にご相談ください。

  • 脳動脈瘤術後の方
  • 8週間以内に冠動脈等の血管内ステント術を受けられた方
  • 1990年以前に心臓の機械式人工弁術を受けられた方
  • 材質に銅を含む避妊リングを用いられている方

以下の方は検査前に確認が必要ですので事前にお申し出ください。

  • 人工関節、骨折後の金属プレートを入れている方
  • 体内に金属性の破片が残っている方
  • 心臓に冠動脈ステントを留置している方
  • インプラントや歯列矯正金属・ワイヤー等をされている方
  • 磁力脱着式義歯を使用している方
  • 刺青のある方
  • 閉所恐怖症の方

以下のものはMRI 検査を受ける前に必ずはずしておいてください。

  • 補聴器
  • 貼り薬、使い捨てカイロ、ピップエレキバンなどの磁性体
  • カラーコンタクトレンズ、ピアス、ネックレス、ブレスレット、ヘアピン、ブラジャーなど
  • アイシャドウやラメ入りの化粧(※眼のやけどを起こす恐れがあります)
  • 遠赤外線下着、保温性の高い衣類(ヒートテックなど)
  • 取り外し可能な義歯

7.生理中の方

婦人科検査について

  • 子宮頚部細胞診・子宮体部細胞診・HPV検査は血液が混入して正確な診断が出来ないおそれがありますので、生理が終わるまでは受診を控えることをおすすめします。

尿検査について

  • 尿潜血以外は検査出来ますが、尿潜血検査は判定不能になります。
    ご心配な場合は受診日の変更をおすすめします。

大腸がん検査(便検査)について

  • 生理中に採取した便では検査が出来ません。受診予定日と生理予定日が重複する場合には、事前に採取することをおすすめします。
    (便は受診予定日の1 週間前から採取可能です。採取後は冷暗所で保管してください。)

8.体重制限

下記の検査におきましては検査機器の重量制限があるため、検査が出来ない場合がありますのでご了承ください。

  • 胃部X線検査
  • CT検査
  • MRI検査
  • 婦人科検査
  • 内視鏡検査

9.その他の注意事項

上記1〜8に該当する方以外でも、当日医師と相談の結果、検査ができない場合もありますのでご了承ください。

10.個人情報の取り扱いに関するおことわり

当会施設内におきましては、安全確保のため監視カメラによるモニタを行っております。
当会へのお電話はサービス向上と通話記録保存のため録音させていただく場合がございます。

健康診断検査項目  実施可否判断基準一覧表

○:検査可 ×:検査不可 △:医師相談

  検査名 部位 妊娠中・
妊娠の疑い
生理中・
終わりかけ
授乳 食事制限
授乳中 断乳後6ヶ月以内
放射線 MRI 頭部 × なし
膵臓 × あり
頚椎 × なし
腰椎 × なし
CT 頭部 × なし
胸部 × なし
上腹部 × あり
内臓脂肪 × なし
骨盤腔 × なし
マンモグラフィ × × × なし
胃部X線 × あり
胸部X線 × なし
内視鏡 上部内視鏡検査
(胃カメラ)
× あり
下部内視鏡検査
(大腸内視鏡)
× × あり
婦人科 子宮頚がん × なし
経膣超音波 × なし
子宮体がん × なし
超音波 腹部超音波 あり
乳房超音波 なし
診察 乳房触診 × なし
腹部触診 × なし
血液OP アミノインデックスメタボ
リックリスクスクリーニング
× × あり
アミノインデックス
がんリスクスクリーニング
× × あり

2016年9月14日 更新

ページトップ