血管・動脈硬化検査のご案内

血管年齢検査では動脈を伝わる脈の速さを手足で測定することによって、動脈硬化を評価します。

また足の血管の詰まりも調べられます。頚動脈超音波では動脈壁の厚みなどを直接観察し、動脈硬化の程度を調べます。動脈硬化検査(高感度CRP)セットでは、この2つの検査に採血による高感度CRP測定を加えて血管の炎症を評価することで、動脈硬化の程度がより詳細に分かります。動脈硬化検査+内臓脂肪CTセットでは高感度CRPの代わりに内臓脂肪を計測して、今後動脈硬化が進行するリスクを評価することができます。

検査項目 検査内容・寸評 金額
血管年齢検査
(血圧脈波検査)
血管の硬さ、足の動脈の詰まりを調べ血管年齢を評価します ¥3,000+税
頚動脈超音波 動脈硬化など頚動脈内部の状態がよくわかります ¥5,000+税
動脈硬化検査
(高感度CRP)セット
頚動脈超音波・血管年齢検査・高感度CRP(血管の炎症の程度) ¥7,000+税
動脈硬化検査 +
内臓脂肪CTセット
頚動脈超音波・血管年齢検査・内臓脂肪CT ¥9,500+税
価格に関するご注意
健康保険組合、各種団体の契約により補助金制度が適用される場合や追加料金が生じる場合があります。実際のご負担金額については、ご加入の健康保険組合、お勤め先にお問合せください。

頚動脈超音波とは

頚動脈は心臓からの血液を脳に送り届ける血管です。
年齢とともに動脈硬化が進行しますが、この頚動脈硬化症は最終的には脳梗塞を引き起こすことがあるため早期発見が重要です。

また、頚動脈の動脈硬化性変化は、心臓など他の血管の動脈硬化と関連があるため、頚動脈の状態をみて全身の動脈硬化度をチェックすることができます。

頚動脈における動脈硬化の指標として、内膜中膜複合体厚(intima-media thickness: IMT)が一般的に用いられています。
下図(総頚動脈)に示すように、頚動脈は超音波により血管腔から近い順に輝度が高い層、輝度が低く薄い層、そして輝度の高い層の三層構造に見えます。

このうちIMTは最初の輝度が高い層と次の輝度の低い層を足した値です。このIMTが1.1mm以上になると動脈硬化が進み肥厚した状態と考えられ、厚いほど将来の心筋梗塞や脳梗塞の発症が多くなることもわかっています。

総頚動脈 - 春日クリニック資料 -
総頚動脈

また動脈硬化が進むと動脈壁に脂質や石灰化などがたまり、プラークと呼ばれる粥状硬化層を形成し、血管内腔の狭窄が進行します。
頚動脈超音波ではこのようなプラークの存在や狭窄を描出することが可能です。
脳梗塞の原因として、このような頚動脈のプラークが破綻することが重要なメカニズムの一つとして明らかになっているので、脳梗塞が心配な方は頭部MRI検査とあわせて危険度をチェックしましょう。

総頚動脈 - 春日クリニック資料 -
総頚動脈
矢印の部分が血管内腔に突出したプラークです。
総頚動脈
プラーク内部に見える黒い部分は石灰化です。

オプション検査項目一覧

ページトップ